« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

チューリップといえば,新潟。

受入農家:西区木場 山際さん

参加サポーター:Oさん

農業サポーター事務局です。今日は,西区木場の山際さんのところにお邪魔し,チューリップの球根の皮をむく作業を見せていただきました。手でむくのかと思ったのですが,なんと山際さんご夫婦とサポーターのOさんの3人が並んで,シュッ シュッ とエアーで皮を吹き飛ばしていました。いろんな機械があるんですね。

Pb270018

県外では,チューリップといえば富山のほうが有名のようですが,チューリップの切り花の出荷量は,新潟県が1位なんです(平成18年産農林水産省調べ)。市レベルでは,切り花・球根とも新潟市がone位ですscissors たくさんの新潟のチューリップが全国を彩りますように・・・。これから春まで,植え付け,出荷の作業が続きます。

2009年11月26日 (木)

爽快な気分 そして 充実感

農業サポーター事務局です。サポーターさんから感想をお寄せいただいたので紹介します。

「農業サポーターとして,江南区の菅井農家さんで 毎回,気持ちよく 仕事させて頂いております。最近の仕事は,イチョウの木が すごく伸びていた為,脚立,のこぎりを使用して かなり日数はかかりましたが,全て短く切り終わることができました。 菅井さんご家族からも たいへん喜ばれ,私としても 壮大な景色や澄んだ空気の中で張り合いのある仕事をさせて頂き, デスクワーク一筋の仕事だった私にとって,汗水たらしながらの仕事と終わった後の達成感は,まさに今まで体験したことのない爽快な気分と充実感を味わうことができました。

また 現在は,ぎんなんの手作業での 大,中,小の選別作業。10月は大豆畑で背丈以上の山ほどある草をカマで刈る仕事は,体力と根気,暑さとの勝負でしたが,農家さんの死にものぐるいの苦労を,自分の身体で感じることができ,食料の大切さを改めて学びました。

そして 菅井さんご家族の温かさに触れ,私を家族同様に扱って頂き,ほんとうにありがとうございます。12,1月とも まだ仕事があるとのことですので,菅井さんと打ち合わせの上 できるだけ頑張って行きます。よろしくお願い致します。」 

2009年11月17日 (火)

つながる ひろがる

農業サポーター事務局です。

昨日,農業サポーターのWさんが発起人となった,「新潟市農業サポーター交流会」の設立に向けての初めての集まりがあり,事務局もお邪魔してきました。

サポーターと受入農家の皆さんによびかけて,集まった賛同者は15人。うち昨日は11人の参加があり,今後の進め方,この会はどんなふうにしていくのか,もっと仲間を集めたいね,サポーター同志が交流することで,もっと農家さんのためになることができるんじゃないかな,などいろんなお話がされました。

農業サポーターという仲間は130人もいるけれど,なかなか顔を合わせる機会はありません。受入農家さんも23軒ありますが,自分が行っている農家以外はどんなことをしているのかわかりません。お互いに情報交換をしながら,いろんなお話ができる場が誕生しましたhappy01この輪がどんどんつながって,ひろがっていったらうれしいな,と思いました。昨日ご参加いただいた皆さん,またこれを読んでくれた皆さん,ぜひコメントをお寄せくださいpencil

2009年11月13日 (金)

【急募】西区 真田さんのネギ出荷作業のサポート募集!

農業サポーター事務局です。

西区赤塚の受入農家 真田政幸さんからの依頼です。

明日~19日(木)まで,長ネギの出荷作業を手伝ってくれるサポーターを募集します。時間は自由です。屋内作業ですので,天候に関係なく実施します。

参加が可能な方は,直接,真田さんまでお知らせいただくか(電話番号は3月に配布した資料を参照してください。)平日であれば,事務局まで電話・メールをください。

これからの時期に欠かせない,新潟自慢の「やわ肌ねぎ」の作業に,ご協力のほど,よろしくお願いいたしますconfident

P5300017 

ネギ畑で農業サポーターに説明する真田さん。(5月の畑です)

2009年11月 6日 (金)

【急募】ル レクチエの袋詰めにご協力お願いします!【江南区茅野山】

農業サポーター事務局です。

江南区茅野山の受入農家 松澤 亘さんからの依頼です。

11月9日(月)・10日(火)の9:00~12:00まで,ル レクチエの袋詰めを手伝ってくれるサポーターを募集します。作業内容は昨日のブログ記事をご覧ください。屋内作業ですので,天候に関係なく実施します。

参加が可能な方は,直接,松澤さんまでお知らせください。(電話番号は3月に配布した資料を参照してください。)

予定していたサポーターさんが急きょ都合が悪くなりましたので,ご協力のほど,よろしくお願いいたしますconfident

2009年11月 5日 (木)

新高・新興・ル レクチエといえば・・・

11月5日(木)くもり

受入農家:江南区茅野山 丸一農園 松澤さん 農業サポーター:Kさん

受入農家:江南区二本木 塚原農園 塚原さん 農業サポーター:Wさん

農業サポーター事務局です。今日は,江南区の2軒の梨農家さんにお邪魔しました。茅野山の丸一農園さんでは,ル レクチエの袋詰めが行われていました。6月にかけた紙の袋をはずし,出荷用のビニール袋をかける作業です。

Pb050563_2

今はまだ緑色のル レクチエですが,これから追熟し,黄色になったら食べごろです。ビニール袋には食べごろの色がプリントされているので安心です。あのあまーい香りととろける果肉,早く食べたいですね!

Pb050565_2

続いて,二本木の塚原農園さんにお邪魔しました。 こちらでは,新興の袋をはずす作業です。山と積まれた梨の袋をひとつひとつはずしていました。

Pb050580_2

Pb050572_2

梨の山の向こうに見える棚のようなものは,「たて」と呼ばれる梨の保管庫です。大きさ別に分けられています。さまざまな品種がある梨ですが,新興は日持ちがよく,これから1月下旬までおいしくいただけます。塚原農園さんは直売もやっていて,作業をしている時にもお客さんが梨を購入。梨を使った焼肉のたれなど変わり種も並んでいましたよ。

春の花粉付けから,摘果,袋掛け,台風の心配,収穫,出荷まで,ひとつひとつの手作業を経て,やっとおいしい梨が食べられるんですね。感謝していただきます!