« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

内山さんの合鴨の放鳥を見てきました!

農業サポーター事務局です。先日、ご紹介しました江南区駒込の内山さんの圃場を訪問して合鴨農法の放鳥を見に行きました。

受入農家:内山栄さん

この日は雨模様でしたが、放鳥の時は雨も降ってなく合鴨の活躍の場が見れました。内山さんの「おいで、おいで」の呼び声で合鴨が小屋の中から出てきました。田んぼの中に入り早いスピードで田んぼの回りを泳ぎ始めました。何かがみえるのか泳いでいき虫を食べたりしていました。内山さんの「来い、来い」の声で合鴨は小屋の中に戻りご飯を食べました。ご飯を食べ終わった合鴨は水を飲んだり、田んぼの中で遊んでました。虫を食べたり、雑草をついばんだりして合鴨の活躍した内山さんが栽培した合鴨米(通称:愛ガモ米)はどんな味?とても気になります。きっと美味しいお米なんでしょうね。是非、食べてみたいですね。

Img_6835_2

内山さんの「おいで、おいで」の声で合鴨ちゃん登場~lovely

Img_6839_2

合鴨は、田んぼの中を泳ぎ回り、害虫や雑草を食べていました。内山さんは「何かが見えるんだろうね」と言ってました。合鴨農法は田んぼの中の害虫や雑草を食べてくれるうえ、合鴨の排泄物が肥料になり美味しいお米ができるそうですchick

Img_6837_2Img_6841_2 

内山さんの「来い、来い」の声で、合鴨は早いスピードで小屋の中に戻ってきました。内山さんからご飯をもらい小屋の中でしばらく食べてました。食べ終わったら田んぼの中に出てきてお水を飲んで遊びにいきました。ご飯を食べたあとは詰まるのか、お水を飲むそうです。遊びにいったら夕方まで帰ってこないそうです。初仕事お疲れさまでした。まだ小さくてかわいい合鴨ちゃんでした。また、合鴨の活躍を見させて頂きたいです。よろしくお願いしますhappy01

2010年5月27日 (木)

【追加募集】南区の中村和雄さん ル レクチエ作業のサポート募集!

農業サポーター事務局です。6月の活動について,農家さんとサポーターさんの希望のマッチングを行った結果,南区の中村和雄さんが是非追加でお手伝いをお願いしたいそうなので,このブログにて再募集します。詳細は以下のとおりです。

お願いしたい日は, 6月6日(日),13日(日),20日(日)です。作業内容はル レクチエの袋かけの準備と袋かけ作業で,一日通してお願いしたいそうです。一日に付き3~4人のサポートを必要とされています。

申込みについては,すでに中村和雄さんの農園で活動経験のある方は直接中村さんへご連絡ください。初めての活動となる方は,事務局までメールか電話でお申し込みください。(事務局 shokuhana@city.niigata.lg.jp:電話025-226-1798)

5月10日付活動レポートでご紹介したとおり,中村和雄さんの農園は眺めが良く,素晴らしい環境の中で作業ができます。休日の気分転換にはぴったりです!たくさんのお申込みをお待ちしております。P1000421

中村さんの梨畑から見える山並みです。(今年の4月撮影)

2010年5月25日 (火)

【急募】西区 筒井さんのブロッコリー収穫作業のサポート募集!

農業サポーター事務局です。西区の筒井晴夫さんから至急のお願いがあります。

ブロッコリー収穫作業が忙しく,サポーターの皆さんに是非お手伝いをお願いしたいそうです。作業は5月26日(水)から6月5日(土)まで,5月29日(土)を除く毎日あります。1日2名程度サポートを希望されています。作業時間は5時から8時までの早朝になります。雨天時も作業はあるそうです。お手伝いいただける方は直接,筒井さんのご自宅に連絡してください(連絡先電話番号は3月にお配りした資料に記載してあります)。連絡の取れる時間は12時から13時30分,および19時以降とのことです。筒井さんへの連絡が難しい場合は,事務局へ電話かメールでご連絡ください。早起きは三文の徳,になるかもしれません。是非よろしくお願いいたします。

2010年5月17日 (月)

興味津津,合鴨農法

農業サポーター事務局です。今日は,江南区駒込の内山さんの圃場を訪問しました。

5月17日(月)

受入農家:内山栄さん

農業サポーター:Iさん

お米を専門に作っている内山さんは,3年前から合鴨農法に取り組んでいらっしゃいます。この日は,鴨用ネット張りの作業をされていました。2m間隔で支柱を立てネットで囲い,天井にも金ラメの入った防鳥用ロープを渡して網を張るそうです。1反の田んぼに放す合鴨は20羽。虫を食べたり,雑草をついばんだり,合鴨の活躍でできあがるお米は,とっても美味しいそうです。ちなみに,内山さんが栽培した合鴨米(“愛ガモ米”という名称です)は,インターネット販売のみの取り扱いで,今年のお米はすでに予約で完売したそうです!どんな味なんでしょう,興味が湧きますね。

Img_6788

Img_6797

初仕事を来週に控えた,かわいい合鴨ちゃん。まだ生後4~5日ということです。放鳥の様子も,ブログでご紹介したいと思いますchick

2010年5月10日 (月)

農業サポーター制度が新聞に取り上げられました!

農業サポーター事務局です。

南区の受入農家:中村和雄さんの梨畑で,農業サポーター遠藤さんが活動される様子が,5月7日付日本農業新聞に記事として掲載されました(kiji.pdfをダウンロード 412KB)。

遠藤さんの談話にもありますが,中村和雄さんの梨畑は山並みを背にした雄大な風景に囲まれています。旧新潟市域からは,距離がありますが,その分,ドライブ気分が味わえます。四季を感じながら行う農作業で,リフレッシュ間違いありません!

P1000421

梨畑から見える山並み 

P1000546

梨の花が開花しました!

P1000556 P1000562

中村さんの畑付近では,かわいいスミレも見られるそうです。

なお,皆さんが活動されている時にも,新聞社が取材に行くかもしれません。農業サポーター制度PRのためご協力をお願いいたします。

農業サポーター活躍中!

農業サポーター事務局です。連休中は天候に恵まれ,田畑で農作業に勤しむ農家さんの姿が多く見られました。休日返上で活動していただいたサポーターの皆さん,ありがとうございました。連休が明け,事務局では2軒の新規受入農家さんを訪問させていただきました。

5月7日(金)

受入農家:本名 吾市さん

農業サポーター:Kさん

この日は久しぶりの雨模様。かなり強い雨が降っていましたが,ハウス内作業のため,予定通り活動を行っていらっしゃいました。ずっと晴天が続いたため,この日の雨は恵の雨だとか…農業は本当に天候次第ですね。

この日は“デラウェア”の“ジベレリン処理”という作業です。ジベレリン錠剤を溶かした溶液にデラウェアの蕾を浸すことによって種のないぶどうができるそうです。私たちが美味しくいただく種なしぶどうは,こんな手間をかけて作られているんですね。ちなみに,溶液に浸した蕾か見分けるために,溶液は赤色に着色されています。

Img_6664

本名さんはぶどう(デラウェアとロザリオ・ビアンコ)のほか,ル レクチエを栽培されています。ムクドリの被害を防ぐため,今年は全ての実に袋かけをするため,人手が必要になるそうです。皆さんご協力をお願いいたします。  

Img_6659_2

サポーター通信第6号で紹介された「ル レクチエ」の瓶詰です。大きいですね!      

5月10日(月)

受入農家:藤田 道雄さん

農業サポーター:Iさん

この日が初活動というIさんは,長ネギの定植作業をお手伝いされていました。藤田さんは今年から長ネギの栽培に取り組まれているそうです。耕すのに2日間かかったという大きい畑には,深く掘った畝に苗が整然と並んでいます。

Img_6744_2

苗を定植する機械。機械で植えた後,土をかけて苗を固定します。

Img_6769_2

今後はトマトや枝豆の作業が本格的になるそうです。秋には柿の加工作業などのお手伝いもあるとのことでした。

                          

稲文字を作りませんか?

サポーターの皆さん,日々の活動,大変ご苦労さまです。サポーター活動で田植えを経験された方は大勢いらっしゃると思いますが,田んぼでアートを描く,面白い田植えイベントがあるのでご紹介します。

このイベントは,10月に開催されるAPEC新潟食料安全保障担当大臣会合を歓迎するために企画されたもので,5月16日(日)午前9時から,西蒲区国見で行われます。稲文字の完成予想図やイベントの詳細,申込先については下記のファイルをご覧ください。

inamoji.pdfをダウンロード (297KB)