« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月23日 (月)

【急募】江南区 菅井さんより:大豆畑の草取りのサポートお願いします!

農業サポーター事務局です。

江南区酒屋の菅井良男さんから,大豆畑の草取りをお手伝いください!とのお願いがありました。

期間は,8月27日(金)あらため,29日(日)までの間 朝の涼しい時間にしたいので,早朝5時から8時までとのこと。雨具上下と長靴持参でお願いしますsign01

サポート可能な方がいらっしゃいましたら,事務局までメールか電話でお申し込みください。(事務局:食と花の推進課shokuhana@city.niigata.lg.jp  電話025-226-1798)

草の勢いに大豆が負けてしまわぬよう,ご協力をお願いしますconfident 協力できるとのメールをいただいた皆さんありがとうございます!

大盛況!農業サポーターと受入農家の店

農業サポーター事務局です。8月22日(日),中央区の上古町でおこなわれた「青空市場」。農業サポーターさんと受入農家さんが協力して自慢の農産物を販売しました。日差しが照りつける暑い中でしたが,たくさんのお客さんが来てくれ,会話を楽しみながら販売するという良い体験ができました。参加くださった農家さん,サポーターさん大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

Img_4174

途中,俳優の永島敏行さんも,ブースに訪れ,道行く人に茶豆の試食を配るなど,PRのお手伝いをしてくれました。

Dsc04006

午後には,受入農家の上野晃さん,サポーターの和田澄恵さん,青田始さんからステージイベントで農業サポーター活動についてPRしていただきました。サポーターのOさんもPRパネルを持って登壇してくれましたwink

P8220352

この日嬉しかったのは,多くのサポーターさんが,お買い物に,激励に駆けつけてくれたこと!アイスクリームを差し入れてくれたサポーターさんもいました。皆さん,ありがとうございました。農業サポーター活動を通して,人と人とのあったか~いつながりがどんどん広がっていくのが,うれしいですねheart02

これからもよろしくお願いいたします。

2010年8月20日 (金)

農業サポーターと受入農家の店,開店!

農業サポーター事務局です。残暑厳しい中の作業お疲れ様です。受入農家の後藤さん,サポーターの横山さん,投稿ありがとうございました。

さて,8月22日(日)の10時から,中央区古町通3番町にて,「農業サポーターと受入農家の店」を出店します。俳優の永島敏行さんが実行委員長をつとめる「青空市場」への出店です。

今回は,受入農家の諸橋弥須衛さん,上野晃さん,永塚崇嗣さんのお店を6人のサポーターがお手伝いします。また,小林金一さん,伊藤ぶどう園さんも出店します。

なす漬けや枝豆,じゃがいも,たまねぎ,ぶどうにおこわ,大福など,農家さん自慢の農産物,加工品が並びます。

また,午後2時半からステージイベントで,農業サポーター活動をPRします。

お買い物に,出店者の応援に,ぜひ古町に遊びに来てくださ~いnote

金魚草の定植のサポートありがとうございます。

北区の受入農家 後藤です。

Dsc01321

Kさんから金魚草の定植のサポートをしていただきました。

10月中旬のから11月上旬までの出荷を予定しています。6品種(6色の花が咲きます)

趣向をかえて

 サポーター番号150番の横山です。みなさん猛暑が続く中での作業お疲れ様です。

  今回わたしは農業大学校で行われた「小型車両系建設機械特別教育」という研修に行ってきました。「小型車両系建設機械って何???」と思われるかもしれませんが、いわゆるパワーショベルやホイールローダーの小さいやつのことです。研修を修了すると作業免許がもらえます。


Kc3r0005_5  


  「農作業の手伝いにこの研修が役に立つのか?」と思われると思います。わたしは今までのサポートでトラクターやコンバインなどを運転する機会が多少あったのですが、自動車の運転とは勝手が違い「手伝ってもかえって足手まといかな」と思っていました。しかし練習するような機会もなく中途半端な気持ちでいたところ、研修日程がお盆休みの時期と重なり都合がよかったので受けてみることにしました。

  研修は2日間あり1日目の学科7時間と2日目の実技6時間で計13時間でした。農業大学校での研修でしたので農大生42名と一緒に一般9名を含めた51名の参加者で行われました。講師はコマツ教習所の方3名でした。


 1日目の学科は「退屈かな~」と思っていたのですが実際の作業時の注意点などが所々で説明され、ためになる話もありました。1日目の終わりにテストがありましたが簡単なものでした。

 2日目の実技はちょっと苦労しました。運転席に座るとハンドルは無く、全ての操作がレバーで行われます。穴を掘るためのバケットを操るわけですが、左右にあるレバーを右手と左手で別々に操作して上下左右や遠くや手前などに動かすため、頭がこんがります。「次はどうするんだっけ???」と手が止まることも度々でした。受講者のなかには運転経験者もいる様子でやっぱり上手でした。2日目の終わりにも簡単なテストがありましたが、無事全員合格でした。

 終わってみると「いま手伝っている農作業にはあんまり関係ないな」と思いましたが、トラクターやコンバインの運転には参考になる部分もありました。それと小型の除雪車であれば会社の駐車場などの除雪作業も出来るようになりました。


 新潟市内では新崎にあるコベルコ教習所でも同様の研修を受けることができると思いますので、みなさんも試しにいかがですか? 費用は12千円でした。

 私の今のちっちゃい夢は「でっかいトラクターで広大な圃場を走り回ってみたい」です。大型特殊の運転免許は持っていますので(但しペーパードライバー状態ですが)どちらかの農家さん、そんな手伝いありませんかねぇ~^^

2010年8月17日 (火)

サポーターさんの協力で盆出荷おわりました。

北区受け入れ農家後藤です。盆出荷サポーターさんの協力のおかげで無事終わりました。Kさんには、墓花を束ねてもらいました。Kさん10束?、私は250束、直売所出荷しました。完売です。Gさん、Wさんに、盆に出荷出来るように、咲いた花を切り落としてもらい、次の蕾が盆に咲くように整理してもらいました。Dsc01320

Dsc01318

2010年8月 4日 (水)

黒埼茶豆の収穫に行ってきました

 サポーター番号116番の玉木です。毎日この酷暑の中サポーター活動ほんとにお疲れ様です。
私も暑さに負けていないで、なんとかお手伝いができる早朝の作業の農家さんに行こうということで、西区黒鳥の鷲尾さんのところに行ってきました。 まずは指定時間より少し早めということで4時半頃に行きました。するともうあらかた仕事が進んでいて、私は少し豆の選別をお手伝いしただけで7時には終わってしまいました。それではということで、翌日は収穫から出荷まで体験したいということを申し出たら作業開始時間は午前2時ということでした。

 翌朝、というか私にとっては夜中の2時少し前になんとか起きて到着しましたら、もうアルバイトのお兄さん達が集まっていました。 真っ暗のなか、トラクターのライトを頼りにこの日は機械ではなく手で枝ごと抜き取り、トラクターに積んで作業小屋にどっさりと持って帰りました。 ここから機械で豆を振るい落とし、その後選別を繰り返して、まずは6時の第1番の出荷に間に合いました。そのあともまだ別の注文のための選別や袋詰めなどの作業をやりました。 いままで早朝といっても6時位でしたが、鷲尾さんによると毎日これを繰り返しているということ、いやはやほんとに大変ご苦労をして、私たちにあのおいしい枝豆を届けているのだということが身にしみてわかりました。

 雰囲気は写真を見ていただければわかると思います。 決してサポーターの皆様に2時に来てくれということではないそうですので、早朝位でもお手伝いしていただければありがたいということなので、おいしい茶豆を食べたいかたは是非一日でも行ってみてください。

Edamame1_5

Edamame2  

Edamame3

Edamame5

2010年8月 2日 (月)

【急募】南区 小林敏秋さんの野菜の”販売”サポーター

農業サポーター事務局です。猛暑が続くなか,サポーター活動にご協力いただきありがとうございますsunくれぐれも体調に気をつけて,活動くださるようお願します!

南区西笠巻新田の小林敏秋さんから,東三条駅近くの「市(いち)」で野菜の販売を体験してみたい人がいませんか?興味がある人はぜひお手伝いください!とのお願いがありました。

日時:8月12日(木)早朝6時から(6時半でも可)10時まで

場所:東三条駅近く(詳細は小林さんにお問い合わせください)

サポート可能な方がいらっしゃいましたら,事務局までメールか電話でお申し込みください。(事務局:食と花の推進課shokuhana@city.niigata.lg.jp  電話025-226-1798)

ご協力をお願いしますconfident