« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月26日 (火)

越後姫の加工・摘果を手伝ってきました!

農業サポーターNo248・249の山根です。
今回は江南区の諸橋弥次郎農園さんのところへ行ってきましたnew
現在は越後姫の第2回目の収穫期なんだそうです。朝摘みのイチゴがつぎつぎと運び込まれてきますsweat01

粒の小さいものなどはジャムに加工します。
ひたすらヘタ取りSbca0005_2Sbca0004_3
Sbca00064人で1時間30分の成果Sbca0008ヘタッ

Sbca0007_2赤くキラキラ光る宝石のよう

次はビニルハウスで摘果の作業です。
Sbca0009写真の右端にミツバチの箱が見えます。イチゴはミツバチによって受粉させます。

↓受粉がうまくいった場合はしっかり大きく育ちます。Sbca0010

↓うまくいかなかったもの。
これらは摘果してしまうことにより、他のものに栄養が行くようにします。Sbca0012_3

 

たくさんのイチゴに囲まれて幸せな気持ち。手にはしばらくイチゴの匂いが残っていました。
Sbca0015Sbca0016

2011年4月19日 (火)

「畑や かとうふぁーむ 2011春の感謝祭」を 5月29日(日)に開催します!

サポーターコード:No.371 農業サポーター新人の柏木です。

新人サポーターを受け入れてくれました、「畑や かとうふぁーむ」さんで、毎年恒例 春の感謝祭が
5月29日(日)に開催されます。

現在出展者を大募集中! です。

詳細はこちら ↓

http://hatakeya.jugem.jp/?cid=1

加藤さんのアイディアで、この度の原発事故による”風評被害”の農家さんを支援したいと、
被害農家さんの農産物を販売したいと考えておられます。

お知り合いの方がいらっしゃいましたら、是非ご紹介下さい。

農業の輪が隣県にも広がることを期待して・・

2011年4月15日 (金)

春本番!稲の種まきをお手伝いしました

農業サポーター事務局です。新潟市でも桜が開花し,ようやく春本番を迎えましたcherryblossom

先日,5月の田植えの準備に追われる米農家さんを取材させていただきましたのでご紹介いたします。

受入農家:北区の上野晃さん

この日は稲の種まき作業をされていました。苗箱は全部で1300箱sign01上野さんご夫婦・息子さんのほか,3人のサポーターさんがお手伝いをされていましたが,その日の作業は朝8時半から始めて夕方5時まで一日がかりとのこと…微力ながら,私も1時間ほどお手伝いさせていただきました。

これまで,種まき作業を見たことはあっても,経験するのは恥ずかしながら初めてのこと。私の持ち場は,ベルトコンベアから流れてきた苗箱をパレットに運ぶまでの中継地点でした。苗箱を持った瞬間,思ったより重いことにびっくりcoldsweats02腰にきそうでしたが,一緒に作業していたサポーターのKさんは“大したことないですよ”と余裕の表情。さすがです。

Img_0074

私は,午前中で失礼しましたが,あとで上野さんにお聞きしたところ,苗箱をビニールハウスに運び,全ての作業を終えたのは19時過ぎだったようです。皆さん,大変ご苦労さまでした。今回,ほんの少しですが,作業をお手伝いしてみて,人手があることのありがたさ,また,農業経験のない私のような素人でも,お手伝いできる作業はある,ということを実感しました。 5月以降,米農家さんは田植え,また果樹農家さんも摘果など,ますます人手が必要な作業が増えてきます。是非,サポーターの皆さんのご参加をお待ちしています。

2011年4月 6日 (水)

北区大月宮尾農園さん

こんにちは。サポーターNo.248・249の山根夫婦です。
もう1年間だけ新潟で暮らすことになりましたので、今年度もよろしくおねがいしますsign03
今年は田植えを前に地震や津波があり、それによって東北の農業が大打撃を受けたことを鑑みると、
被害を受けていない新潟市の農業は普段より頑張って東北を日本を支える立場にありそうです。
農家さんの方で何かアイデアや具体的な活動をお考えでしたら、そちらの方もサポートしたいと思いますので、どうぞお声かけくださいsign03

今回は北区大月の宮尾農園さんに行ってきました。
少し行きすぎるとすぐに阿賀野市との市境という位置にあります。
Sbca0007いらっしゃいsign01

宮尾農園さんでは田んぼでの作業と鶏の餌やりや集卵をお手伝いする予定です。
昨日は苗箱に播種したとのことです。
今日は、苗箱をビニルハウスに並べる前の準備としてハウス内の草取りをしました。苗箱を水平に置けるようにするためです。
育苗の過程で、苗箱はある程度水に浸かった状態になりますが、そのとき水平でないと水から出てしまう苗と水に沈んでしまう苗が発生してしまいますからね。
この後、苗箱を水平に置けるようにするために土をならす予定です。

宮尾さんご夫婦は笑顔が素敵で、そして農業について語るときは真剣な顔で語ってくださる方でした。
とにかく楽しそうに仕事をしていらっしゃるという印象です。
お子さんたちもよく手伝ってくれるようで、家族全体が和気あいあいとした雰囲気に感じました。
Sbca0009宮尾さんご夫婦2人が内容を考え、宮尾さんが字や絵を書くそうです。

Sbca0010タマゴhappy01来週はヒヨコがやってくるとのことです。

Sbca0011
鶏のエサにトウモロコシを使っておらず、米を利用しているのだそうです。そのため黄身が真っ黄色な黄色ではなく、白っぽいです。
でもコクはあります。
特に驚いたのは白身ですsign01白身に味があってウマイsign01