« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月16日 (木)

タバコ芽かき作業の様子をレポートします

農業サポーター事務局です。サポーター№287のOさんが投稿してくださったタバコ芽かき作業を事務局も取材していたため,作業の様子を紹介します。

受入農家:西区 渡辺 一さん

農業サポーター:Oさん,Ⅰさん,Tさん

麦藁帽子と渡辺さんからお借りしたメッシュの上着でびしっとキメたサポーターの3人。上着はタバコのヤニの付着を防ぐ特別な作業着だそうです。

Dsc04198

特別なものといえば,芽かき作業の強い味方,通称『コロコロ』。名前も見た目もとってもかわいいですが,座ったまま畝の間を移動し,芽かきができる優れものです。

Dsc04200

作業の前に,渡辺さんから作業の説明がありました。芽かきの際には,欠いた芽をたばこの葉の上に落とすと,ヤニが雨に流れて腐る原因になるので注意が必要とのこと。“急がなくていいから,ゆっくりやってくださいね”,と激励をいただき,作業開始です。

Dsc04193 Dsc04224

3人は,“先月は半日で一畝の芽かきを終えられなかったので,今日は頑張ります”と,気合十分。 “後ろ側の葉が取りにくいね”など,おしゃべりしながら,和気あいあいとした雰囲気で作業は順調に進みました。Oさんは,“デスクワーク中心の仕事なので,休日に屋外で農作業をするのは,気分転換に最適”,と話してくれました。

こんな眺めの良い畑で作業すれば,リフレッシュできること間違いなしですねhappy01

Dsc04220 

渡辺さんによると,6月20日から収穫・その翌日からは乾燥作業が始まり,9月上旬頃まではフル稼働の毎日になるそうです。8月になると作業小屋での作業が増えるそうで,7月の作業予定表にある,タバコの葉を圧搾機からはずず“ピッキング”や,機械に葉をかける“葉あみ”作業は,是非サポートをお願いしたい,とのことでした。お手伝いよろしくお願いいたします。

Dsc04232_2

一番下の葉のように,黄色っぽくなると収穫が近いそうです。

アスパラの苗植えを体験しました

農業サポーター事務局です。渡辺光洋さんでのサポーター活動の様子をご紹介します(^0^)。

受入農家:西浦区 渡辺光洋さん

農業サポーターSさん

6月15日の午後から半日ほど、

渡辺光洋さんが関わっている生産組合の畑で体験取材させていただきました。

とても天気がよくて、農業日和です。

さて、この日の作業はアスパラガスの苗植えです←(^^)キラ☆

個人的なことで申し訳ないのですが、取材で初めて土作業を体験させていただきました。

①最初に、渡辺さんたちが畑にあけた穴の横に、カップに入った苗をどんどん置いていきます↓↓↓。

Img_1189_2

②その苗をカップから取り出して、みなさんと共に畑にひたすら植えていく作業です。まずはお手本をみせてもらっている様子です↓↓↓。

Img_1191_2

これが楽しいんですね(^:^)。

だがしかし・・・、最初は何ともなく、どんどん作業を進めていたのですが、数十分か?作業をするうちに、腰が痛い(><)。

みなさんから「若いから大丈夫だと思いますけど、疲れたら少し休憩してくださいね。」とねぎらいの言葉をいただいたり、腰が痛くならないコツなども少し伝授していただき、何とか初心者ながらやらせていただきました。

よく考えると当たり前なのですが、ずっと同じ姿勢で横移動するのは疲れます(@0@)

みなさんに「お兄さん若いね」とお言葉をいただきましたが、いえいえそんなことありません。みなさんの方が本当に元気でお若いです^^←みなさんさすがプロです。

それから、サポーターSさんにもいろいろご指導いただき大変お世話になりました。話をお聞きすると、Sさんは今年からサポーター活動を始めたとのことでしたが、とても手際が良かったです^^。

Img_1195

↑↑↑向かい合って、よーいドンでお互い同じ列から植え始めたのですが、いつの間にやら、Sさんは遠くにいってしまいました^^。自分は話してばかりで作業が進みませんでした。あと、自分の農業センスのなさに失望してしまいましたが^^

うれしいこともありました。ひたすら苗を植えていたら、テントウ虫が飛んできました^^。晴天の空の下でこういう自然とふれ合えるっていいです(^3^)。

最初の写真と見比べてみてください。最初は全く何も植えていなかった畑がこんな感じです^^↓↓↓。

Img_1222

時間の都合で最後まで作業を行うことはできませんでしたが、またひとつ、楽しい経験をさせていただきました。

1日寝たら、腰は治ったのですが、多少太ももが筋肉痛ぎみで、只今サポーター通信を更新させていただいています(^^)

Img_1224

至福の休憩時間の様子です^^↑↑↑。渡辺さん、みなさん、Sさん、お世話になりました。

次はどこの農家さんに訪問できるのでしょうか(^?^)←ドキドキ☆

追伸、まさかのカバンを畑に忘れてしまい、本当にご迷惑をおかけしました。渡辺さんすみませんでした(><)。

2011年6月14日 (火)

日本海を眺めながら、タバコの芽かき

農業サポーターN0287の“おぎ”です。
今回は新潟市西区の渡辺一さんの作業を手伝ってきましたnew

圃場からの眺めが最高でした!!

110612_090906_2

先月来た時は、膝下までしかなかったのに・・・
我が子の成長に驚く親心というのは、こんな気持ちなのでしょうか。
110612_090920 

タバコの花です。
花を咲かせることすら知りませんでしたが、結構かわいい花ですね。
110612_105506_3 

休憩時間には、渡辺さんの話を聞きながら、みんなでワイワイガヤガヤ。普段、聞くことがない話で面白かったです。
110612_102221

夢中になりすぎて、作業の写真を撮り忘れてしまいました。
次回は、作業の様子もご紹介します。

圃場近くの休耕地に、牛が放牧されていました。
子牛もいて、大声で“来ーい、来ーい”と呼ぶと駆け寄ってきて、かわいかったです。
110612_131845

せっかく西蒲区近くまで行ったので、
お昼には,巻地区の有名店で味噌ラーメンを食べ、
汗を“じょんのび館”で流し、
デザートとして“レガーロ”でジェラートまで食べ、
農業サポーター活動を満喫してきましたよ!!
110612_143756
110612_170821

2011年6月 9日 (木)

ビニールハウスでの花苗の手入れ作業を見学しました

農業サポーター事務局です。先日,北区の受入農家 古山さんのビニールハウスを訪問し,作業の様子を見学させていだきました。

受入農家:北区 古山勝彦さん

農業サポーター:Kさん,Sさん

この日は,出荷前の花苗の手入れ作業です。咲き終わった花をそのままにすると,種ができて養分が吸収されるため,早めに取り除く必要があるそうです。

P6030278

出荷前の花苗が並ぶビニールハウス内は,かなりの暑さcoldsweats02夏は,出荷数が減るためハウス内での花苗の栽培はお休み,というのも納得です。

古山さんは,今年からサポーターの受入を始められました。サポーターさんには,『スペーシング』という,花苗が蒸れないようポットの間隔をあける作業を主に手伝ってもらったそうです。自分は別の持ち場があり一緒に作業できないため,サポーターさんには同じ作業ばかりやらせてしまい,物足りなかったのでは…,とのこと。お心遣いに感謝です。

P6030281 

『ガザニア』の手入れをするKさんとSさん,暑い中,ご苦労さまでした。 

P6030280

まとまった数の出荷は6月中旬で終了するため,サポーターの受入も7月以降はしばらくお休みとのことですが,また,作業が増えてきましたら,お手伝いさせていただきたいと思います。4月からの受入,本当にありがとうございました。

2011年6月 6日 (月)

手作り味噌用の大豆栽培

農業サポーターN0248・249の山根夫妻です。
今回は新潟市北区の宮尾農園さんの作業を手伝ってきましたnew

まずはシロにあいさつ。いつも大喜びで迎えてくれますdog
Sbca0040Sbca0041Sbca0042

午前中別件で手作り味噌用の大豆の豆植えをしてきたところです。
宮尾さんのところも味噌作り用大豆の作業でしたが、幸いにも午前やった種植えの前工程をやることができました。
畝立てです。
まず鍬で溝を作ります。
ヒモを張って真っ直ぐになるようにsweat01大事な作業です。妻Yがすばらしい農業センスを発揮しましたgood

その後マルチ(土を覆うビニール)を畝全体に張ります。
どうですか?私の方もすばらしいできでしょscissors
宮尾さんのおじいちゃんや私らがマルチ張りを担当。
一人がマルチを敷いて、二人が両脇から土をかぶせて畝全体を覆ってやります。
マルチを足で押さえてビシッと張りながら、鍬で土をかぶせるというややこしい動きを両脇の2人が呼吸を合わせて進めていかないといけません。
マルチを張ることで雑草が生えるのを抑えることができます。


12列の畝をつくりました。中腰だったので明日にダメージが残るのが心配coldsweats01

おじいちゃんと一緒に農業の基本的作業ができたことはすごい価値がありpunch
何しろ年季が入ってます。鍬の使い方一つとっても動きに無駄がなく、美しいんですshine
もちろん作った畝も美しいshine熟練した農夫の手にかかると農業はまさに芸術です。

2011年6月 3日 (金)

宮尾農園さんに見学に行ってきました

農業サポーター事務局です。宮尾農園さんでの取材の様子をご紹介します。

受入農家:北区 宮尾浩史さん

農業サポーターKさん

6月3日の午前中に宮尾農園さんに行ってきました。到着すると、笑顔の素敵な奥さんがお出迎えしてくださいました。

そしてさっそく作業開始です(^^)。

最初はサポーターのKさんとともに2人で鶏の飼育で使う道具を洗う作業です。Kさんにいろいろご指導いただき、ピカピカに。藁(わら)を使うと効率もいいし、すごくキレイになるんですね。鶏に使う道具なので、清潔にしておかなければならないそうです。とても勉強になりました。

次の作業は、奥さんも戻ってきて3人でやりました。

Img_1008

これは巨大なビニールシートを洗う作業です。洗う前に苗箱を移動させたり、ハウスにシートを張り付ける作業など結構な力仕事もありましたが、3人でやったのでパパッと作業が進みました。すごく効率が良かったです。

写真のように最初手本を見せてもらい、サポーターKさんとともにデッキブラシでゴシゴシ。その後、背が高いということでホース係をやらせていただきました。調子に乗って水量MAXでやっていたら、ホースが手から離れて、全身&顔面シャワー浴びました。

お二方、ホント足手まといで申し訳ありませんでした。

そしてお昼前に休憩(^^)

Img_1010

お茶ととれたてのいちごをいただきました。おいしい~!

P6030300

最後は宮尾夫妻とサポータKさんと記念撮影、パシャリ(^:^)

みんなさんとても素敵な方々で、たのしい半日が過ごせました。

いきなりの取材の上に足手まといになってしまいましたが、とても親切にしてくださいましてありがとうございました。