« 南区ワイン用ブドウの収穫 | メイン | 秋の感謝祭 サポーター募集中 »

2011年10月21日 (金)

ネットメロンを栽培してみました

サポーターコード150番です。10月も下旬になり寒いくらいで、4月から始まったサポーター活動も大半が終わりを迎える頃になりました。今シーズンも皆様ご苦労様でした。


サポーター活動を通じて受入農家さんから色々なノウハウを教えてもらうことも多々あり、そのノウハウを基に家庭菜園での収量UPを実感されている方もいらっしゃると思います。

わたしは南区の受入農家小林敏秋さんのところで夏にメロン栽培を少しだけですが手伝っていたので、そのときに教えてもらった事を参考に家庭菜園でのメロン栽培にチャレンジしてみました。

またその他にNHK出版の「みんなの趣味の園芸」というインターネットのサイトでメロンをベランダ栽培されている方の方法も、参考にさせて頂きました。


メロン栽培は栽培中の水やりに特に注意が必要と言われ、更に雨に当てると病気になりやすい事などから普通はハウス栽培となります。そのため家庭菜園でメロンを栽培する方は殆どいらっしゃらないと思います。当然わたしの家にもハウスなんてありません。そのためにコンテナを使って栽培し雨天のときは軒下に取り込むなどしていました。

1

栽培した品種はネットメロンのボーナス2号です。

種はホームセンターでは売ってなかったのでネット通販で購入しました。


12 

播種は76日。発芽は9日でした。

本当はもっと早くに種まきを始めなければいけないのですが、思いついたのが6月下旬でそれから種を準備したのでかなり遅めのスタートです。

3

コンテナに利用した発砲スチロール製のトロ箱に2苗定植しました。

培養土は小林さんから頂きました。枝豆の枝葉などを34年かけて堆肥化させたものを使っています。

64

814日に咲いた雌花に人工授粉させました。収穫までにはさらに60日弱かかります。

85 96

実が太ってきました。1株に3個実をつけさせてあとで摘果します。

7

摘果です。どれを摘果するかの見分けも教えてもらいました。

大きければいいのではなく形も重要とのこと。

218 9

紐を使っての玉吊りの方法も教わりました。販売用の場合はミリ単位での高さ調整が必要です。

ネットが出始めると近所の方もメロンだと気づき始め、話しかけられるようになりました。近所でも話題のメロン栽培となりました。

10

本来より2週間ほど早く930日に収穫です。気温が寒くなり株がもたずにやむなく収穫です。重さは1㎏弱と小さめです。

さらに1週間後には残りのもう一つを収穫しましたが重さは1004gでした。

12_2

種まきから2ヶ月半! 早採りだったため追熟に20日間もかかりましたが、10月19日ついに食べることが出来ました。市販のメロンと比べても遜色ない美味しさで非常に満足いくものでしたscissors

蔓の部分から痛み始めていますが、これくらい追熟した方が柔らかくて美味しいです。

農家さんでお手伝いをしていると育成の善し悪し、病害虫の状況や収穫のタイミングなどを知ることができ非常に役に立ちました。家庭菜園の書物も多数売られていますが「百聞は一見にしかず」ですね。これからもサポーター活動を続けさせて頂きたいと思いますpaper

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/451253/27306739

ネットメロンを栽培してみましたを参照しているブログ:

コメント

232の樋口です。
150番さんうまく作れましたね。おめでとうございますと云いたいところですが先を越されて残念といった感じです。小生の来年の自宅での果物の目標でした。近いうちにジャムやさんになろうかなそれとも・・・の第3弾にメロンのことも少し書き込み(下書きです)ましたが来年のメロンつくりの件は削除してから投稿します。来年メロンつくりの際はお教え願うかもしれません。その節はよろしくお願いいたします。小林さんの農園は葡萄があるのは承知していましたがメロンつくりは知りませんでした。来年もがんばります。

樋口さん コメントありがとうございます。
今年の場合は収穫が遅すぎたので来年はお彼岸に収穫目標から逆算して 6月15日ころの播種がいいのかなと思ってます。
でもメロン栽培中は水管理のために連泊しての外出がほぼ不可能なところが躊躇するところですが・・・down
来年ことは・・・来年考えようかなscissors

コメントを投稿