« 大盛況!「農業サポーターと受入農家の店」 | メイン | 【農業サポーター用】継続確認調査票 »

2012年10月26日 (金)

ごぼうの収穫作業を見学しました

農業サポーター事務局です。今年のサポーター活動も終盤になりましたが,秋の収穫作業はまだまだ続いています。今回は,ごぼうの収穫作業をご紹介します。

受入農家:秋葉区 鈴木さん親子

農業サポーター:丸山さん

鈴木さんは,主に米・枝豆・いちごを栽培する農家さんですが,その他,直売所用の野菜も栽培されています。この日は,10月27日・28日に秋葉区小須戸にある「うららこすど」の感謝祭で販売するための,ごぼうを収穫しました。

この日,活動されていた丸山さんは,鈴木さんのサポートを始めて5年目を迎えますが,ごぼうの収穫は初めてとのこと。土深く根が伸びたごぼうを,途中で折ったり傷つけずに収穫するのは,なかなか難しそうでした。

Img_0640

まず,ごぼうの根の根に沿って,ショベルカーで土を掘ります。サポーターの丸山さんが,掘りやすいように葉や茎を倒しておきます。

Img_0704 Img_0697

次に,断層面を削るようにしてシャベルで土を掘り,ごぼうを掘り出します。丁寧に土を取り除く様子は,何だか,収穫作業というより発掘作業のよう。ごぼうの収穫には,体力だけでなく,根気強さも必要です。

Img_0750 Img_0754

苦労した末,こんなに長いごぼうがとれました!

この日は3人での作業でしたが,普段は鈴木さんの息子さんと2人で作業することが多いそうです。丸山さんがサポーターになったきっかけは,栽培技術を学ぶことだったそうですが,実際に活動してみると,家庭菜園の参考になるだけでなく,いろいろな作業したり,農家さんと交流できること自体が楽しいとのこと。お父さんの跡を継いで頑張っている鈴木さんを,これからも応援したい,と話してくださいました。

鈴木さんも,月2回の丸山さんの活動に合わせて,作業の計画を立てているとのこと。この日のような屋外での作業は,2人でやるとはかどるので,とても助かっているそうです。

Img_0682

ごぼうの隣には,長いもが植わっていました。収穫は葉や蔓が完全に枯れる11月頃とのこと。長いもは,折れやすいので,ごぼう以上に収穫に気を遣うそうです。その時には,再度,取材させていただきたいと思います。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/451253/30133923

ごぼうの収穫作業を見学しましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿